日別アーカイブ: 2018年12月10日

クレアチニンを下げる食事は低たんぱくの食品だ!

クレアチニンは筋肉中に存在している物質から造り出される老廃物で、腎臓に届いて分離が行なわれた末に尿と合わせて体外へ除去される成分です。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。なので、通常男性の方が高めの数値になっているのです。筋肉量が落ちてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。その他で言うと、妊娠時には、尿といっしょに出されるクレアチニンの度量が多くなるため、クレアチニン値が低くなります。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の悪化を極力抑える事が出来るでしょう。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるようになるんです。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、けしてそのような事はありません。食事療法に関しては、患者が自ら自発的に手掛けられる最善の治療方法です。食事をして摂り入れ立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓の内部で分離され、無駄な老廃物は尿を出す際にいっしょに排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に持たらす負担が増加します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、適切な量は摂取する必要があります。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、使用する食品の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)や調理の際の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く入っているのです。おやつには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になるんです。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個相当のたんぱく質が内包されています。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分以外に水分の制限も付随してきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品内に入っているすべての水分と捉えます。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分の制限のみで済みます。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量から医師が特定します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。これらを上手に活用するのが長つづきのコツです。腎臓機能が下がっていくに従い、現状以上に細かに食事を制限しないといけません。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、なるべく腎臓病を悪化指せない事と、健康体のキープとされます。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法によって腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。更に言えば、透析開始後も、体調を保ちながら安定して透析をつづけていくために、食事療法は大きな意味を持ちます。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので本来通り血流が成されずに、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。加えて尿といっしょに排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に加算されていきます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内へと送りつづける必要があるのです。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になるんです。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担がかかります。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日換算で約30g~40gです。よく読まれてるサイト:クレアチニン 下げる 食事